やまとのスタッフブログ

霊園のさくら


こんにちは西村です。

春彼岸真最中とはいえ、青森はまだまだお墓参りができそうにありませんね。

ニュースでは東京の花見が云々・・・

同じ日本でもこんなに違うんですね。

 

花見といえば、私の小さい時はお墓の前にシートを敷いて

親戚一同ご馳走食べながら、宴会というのが恒例行事でした。

青森はちょうどゴールデンウイークが満開時期ということも

影響してたんでしょうか?

publicdomainq-0020008rbu

では、なぜ霊園には多くの桜の木があるんでしょうか?

大昔、桜の木の近くに土葬をした歴史があり、それから

桜の周辺が墓地として使用されていったという説があります。

 

なぜ松や杉ではなく、桜なのか?

桜は、四季のなかでも春の短い期間だけ咲き、散っていきます。

有限な命の儚さを桜はまさに表現しており、

鮮やかに満開の花を開き、潔く散っていく姿は

日本人の美徳と一致していたのかもしれません。

 

ますます桜が好きになってしまいます。

 

やまと石材では21日(日)まで春の展示会開催中です。

桜の彫刻をした墓石や新しいデザイン墓も多数展示しております。

 

お墓でお悩みの方は一度ご来店いただければと思います。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る