やまとのスタッフブログ

鎌倉大仏


 

皆さんこんにちは

川原田です。

 

以前研修で

鎌倉大仏を見に行きました。

 

 

DSCF1696
◆周辺にはとても貴重な石造物がたくさんあります。

 

 

鎌倉大仏の特徴は

像高約11.39メートル(台座を含め高さ13.35メートル)

重量約121トンもあります。

 

角張った平面的な面相、低い肉髻(にっけい、頭髪部の椀状の盛り上がり)

猫背気味の姿勢、体部に比して頭部が大きい点など

 

鎌倉期に流行した「宋風」の仏像の特色を示しており

鎌倉時代を代表する仏教彫刻として国宝に指定されています。

 

鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」によれば

北条泰時の時に、淨光という僧が

 

諸国を勧進して浄財を集めて歩き

暦仁元年(1238)3月から大仏と大仏殿を造り始めました。

 

そして大仏開眼は

5年後の寛元元年(1243)6月11日に行われました。

 

 

DSCF1691
◆正面に「南無阿弥陀仏」その下に観音様が彫刻されています。

 

 

ここからが不運の連続です。

 

4年後の宝治元年(1247)に暴風雨の為に倒壊し

建長四年(1252)にあらためて金剛の大仏が造営され始めましたが

 

建武二年(1335)と志安二年(1369)の台風で倒壊します。

 

更に明応四年(1495)の大津波で押し流されてしまうなど

その事が原因で、現在の姿である「露座の大仏」となったそうです。

 

私たちは仏像を前にすると

自己を反省したり、厳かな気持ちになります。

 

無宗教が増えている中で

仏像や大仏を通じて、仏教の意外な一面を知ることで

 

仏像たちを

もっと身近に、感じることができるかもしれませんね。

 

 

DSCF1695

 
 

川原田寿樹

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る