やまとのスタッフブログ

遺言


こんにちは、弘前店の相内です。

 

 

 

皆様は「遺言」と聞いて何を思い浮かべますか?

 

多くの方がご家族の事を思い浮かべるのではないでしょうか

または「遺言=死」を連想してしまいあまり考えたくないという方も

いらっしゃるかと思います。

 

なぜ唐突にこんなことをお聞きしたかというと

以前、やまと石材では相続手続支援センターから相談員の方を

講師としてお招きし、終活セミナーが開催されました。

そこでお話しいただいたのが「遺言と相続」についてでした。

 

そもそも「遺言」とは死後、法律効果を発生させることを目的とし、本人の死亡に

よって初めて法律効果が発生するものです。

いわば、最終の意思表示といったところでしょうか。

 

「遺言」と一言で言っても何を書いていいものか、どういう書き方をするのか、

どういう形で遺せばいいのか、考え始めてみると分からないことがたくさん

出てきますよね。

実はこの遺言の書き方や遺し方ひとつで相続の際に家族内でトラブルに発展することがあるそうです。

しかし、実際に遺言や相続のことで生前に相談員のもとへ相談に訪れる人は全体の約2割ほどだそうで、

これは生前にお墓のことでやまと石材に相談に来られるお客様と同じくらいの割合です。

 

遺言・相続・お墓について考えるのはあまり気が進まないという方も多いかと思いますが、

少しでも気になる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る