やまとのスタッフブログ

蓮華ってな~に①


 

 

 

 

皆さん、こんにちは。

営業部の平田です。

GW終わってしまいましたね。

おかげさまでGW期間中はたくさんの方にご来場いただきました。

本当に嬉しい限りです。

誠にありがとうございました。

 

 

 

 

さて、今日から小畠宏允先生の日本人とお墓シリーズから

蓮華ってな~にをご紹介していきたいと思います。

 

 

 

2flower_hasu

 

 

 

なぜ墓石に蓮華台があるの?

 

 

 

仏像・仏画の仏さまのやボサツは、たいてい蓮の花弁の台座にお立ちに

なったり、坐っておられます。

この台座は「蓮台」とか「蓮華座」、「蓮華台」とよばれています。

「蓮」を「はちす」というのは、花托の部分が「ハチの巣」を逆さまにした

形に似ており、穴がいくつもあるからです。

 

 

 

蓮華台のついた墓石をよく見かけますし、お位牌にもあります。

仏さまやボサツと同じように、なぜお位牌や墓石にも蓮華台をつける

のでしょう。

蓮の花には、どんな意味があるのでしょうか。

今回のテーマはお墓と蓮華です。

 

 

 

次回へ続きます。

それではまた。

 

 

 

 

著 小畠宏允

 

 

 

 

 

 

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る