やまとのスタッフブログ

自分史


自分が亡くなった後に残される家族や友人に残しておきたい思いがあります。
物質的なもでは「遺言書」という形で残せますが、それとは別に精神的なものを残したいという人が増えています。
このような思いに対して出版社、葬儀社、葬儀関連の市民団体などでは、「自分史」の製作・出版を受け付けるところがでてきました。

一般的に「自分史」とは、

1.自分の履歴

2.自分の人生観

3.家族へのメッセージ

などで構成されます。
1の「自分の履歴」は、自分の出身地や家族形成などの戸籍上の内容、出身大学などの学歴上の内容、勤務歴などの職歴の内容を書きます。
2の「自分の人生観」は、自分の人生哲学や信条を書きます。
3の「家族へのメッセージ」は、配偶者、両親、子供、孫、友人などへのメッセージが書かれます。

このように一度時間を取って今までの自分を色々と振り返ってみると、今までは当たり前すぎて気が付かなかったことや伝えたいことなど
結構数出てくるものです。

きっかけを作ってこのようなことを振り返ってみるというのは大切なことなのかもしれませんe67e9bc619dfa83f6f0872c5a4dd4c65_t

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る