やまとのスタッフブログ

橘の紋


 

 

 

皆さん、こんにちは。

営業部の平田です。

日に日に冬が近づいてきましたね。

この時期、町にクリスマスの飾りつけが増えてくるので楽しみです。

 

 

 

さて今日は家紋についてです。

最近のわたしのブームは朝ドラなのですが。

主人公の家のお菓子屋さんの暖簾に大きく「丸に橘」の家紋が入っております。

仕事柄なのか、すごく気になります。

この「丸に橘」の紋、青森でも結構見かけます。

そこで今日は「橘」の紋について調べてきました。

 

 

 


 

橘はミカン科の常緑小高木で、「右近の橘、左近の桜」と称される日本固有の

植物だそうです。小さく香りの強い実を付け、桃の節句には桃と共に飾られます。

この風習は奈良時代頃から始まったようです。
家紋としては平安時代末期頃から用いられるようになり、特に西日本で

多く使用されました。

ちなみに橘紋は、十大家紋の一つでもある代表的な家紋です。
橘一族の家々や、武家の井伊氏、薬師寺氏、土田氏、小寺氏、安芸氏などが

使用していました。井伊氏が使用していたものは井伊橘、薬師寺氏のものは

薬師寺橘と呼ばれております。
また、日本で9番目に使用者が多い家紋が「橘紋」だそうです。

 

 

 

それではまた次回です。

 

 

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る