やまとのスタッフブログ

春分の日はご先祖様に近づける!?


こんにちは!青森店の佐々木です。

今年は豪雪に見舞われ、皆様も大変な

思いをされたのではないでしょうか。

またコロナウイルスの心配も続く中

ますます春が待ち遠しい今日この頃です。

さて今回は、この時期ならではの話題ということで

「お彼岸」についてお話したいと思います。

 

皆様ご存じのように、お彼岸は春と秋の年2回で

春分の日と秋分の日の前後3日間を合わせた7日間のことです。

それぞれの「彼岸の中日」は国民の祝日となっております。

でも春と秋では、同じお彼岸でも意味合いが違うそうです。

祝日法によりますと、春分の日は

「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」

秋分の日は

「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ日」

と定められております。

 

また、中日には昼夜の長さがほとんど同じになり

太陽が真西に沈みます。仏教では西方浄土といい

西にあの世が存在するとされております。

ということは・・・お彼岸の中日は「あの世」と

最も距離が近くなる日と考えられました。

大切なご先祖様と少しでも近づける日が

お彼岸の中日ということで、それだけでも

感謝の気持ちが湧いてきます。

※「彼岸」は「あの世」のことで

私たちの住む世界「この世」は「此岸(しがん)」

と呼ばれております。

 

今年の春彼岸は3月17日から23日となり

20日が春分の日です。この日は自然をたたえ

生物をいつくしむとともに、ご先祖様に思いを

馳せて西に向かって手を合わせてみてはいかがでしょうか。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る