やまとのスタッフブログ

日本の大仏さまについて①


今回は日本にある大仏さまについて少しお話したいと思います。

日本寺大仏

日本寺大仏(にほんじだいぶつ)は、正式名称「薬師瑠璃光如来」と称し、千葉県安房郡鋸南町の日本寺にあり、1783年(天明3年)に岩を彫刻して建立された大仏さまです。
日本寺の起源は、725年に聖武天皇の祈願により、仏教の布教活動をしていた奈良時代の僧、行基(ぎょうき)を中心に開山され、当時は法相宗に属されていました。857年に当時第三代天台座主になった円仁(えんにん)が入寺したことにより、天台宗の寺院となりました。その後真言宗を経て、江戸幕府三代将軍徳川家光の治世に現在の曹洞宗に改宗したとされています。

日本寺大仏は、当時石工だった大野甚五郎英令が門弟27名とともに3年かけて彫刻され、身の丈は8丈(約24.24メートル)、台座も合わせると9丈2尺(約37.88メートル)程の大きさがあったと言われています。建立後長年の雨風により浸食・風化が進み江戸時代末期には著しい破損が発生して崩壊状態にさらされ、1966〜1969年(昭和41〜44年)に仏師:八柳恭次を中心に修復が行われましたが、以前の崩壊箇所の関係から、現在は原型より7メートル低い約31メートルとなっています。

その他、大野甚五郎英令らが生涯をかけて彫刻した、1553体の羅漢像「東海千五百羅漢」や、その名の通り百尺ほどの高さがある「百尺観音」が崖岩に彫刻されていたり、大仏さま以外でも歴史的な彫刻物が多い日本寺を一度は訪れてみたいものです。

3c820c6e36621b73461b492c7e69bbd0_s

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る