やまとのスタッフブログ

新調べてみました!vol.2


こんにちは。
営業部の宮崎です。

今回も身近な家紋を調べてみました。
今日は「丸に隅立て四つ目(まるにすみたてよつめ)」です。

青森では佐々木さんの代表紋となります。
由来は諸説ありますが、こちらの紋は分類すると”目結紋”となります。
目結というのは日本の伝統技法の”鹿の子絞り”の事を指します。


この染物ですが、とても手間暇がかかり庶民には買えない高級品だったそうです。
また、四角が沢山集まった文様をしているので、一族団結や一族繁栄の縁起物とされて
いたようです。
ちなみに、絞りは全て手作業で行われ、1粒づつ絞っていきますが
どんなにベテラン職人が行ったとしても1日300個づつしか絞れないそうです。
総絞りの着物となると全部で15万個絞ります。つまり1着作るのに最低2年以上かかります。

そりゃ、家紋にもしたくなりますね・・・

この様に家紋1つ1つにもストーリーがあり
調べてみると奥深い事が分かります。

ご人身の家紋、調べてみると案外面白い発見があるかもしれませんよ

 

 

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る