やまとのスタッフブログ

憧れの『庵治石』


こんにちは、大澤です。

 

皆さんは『庵治石』という石をご存知ですか?

 

日本国内ではたくさんの銘石が採掘されていますが

私達、石に携わるものとして、あこがれの『石』とも言えます。

 

『庵治石』の歴史は古く

平安時代の後期およそ1000年前から使われていました。

髙松城や大阪城などにも使われているそうです。

瀬戸内海に面した四国の香川県の牟礼町と庵治町にかかる

八栗五剣山から産出されております。

きめ細やか地肌ゆえ風化に強く、磨けば磨くほど艶がでる石です。

特徴は「斑が浮く」とよばれる現象です

表面は黒雲母が交じり合った「まだら模様」

たいらな地肌が奥行を感じるかすり模様のように見えます。

また、大変硬度が高く、加工の難しい石でもあります

そのため、風化・変質の強く何百年前に彫られた彫刻も崩れたりしない

艶が褪せないなどの特徴があります。

 

もちろん、当社展示場にも展示してございます。

墓地で白御影石の特徴のあるお墓があったら

もしかしたら『庵治石』かもしれません。

 

是非、見つけてみて下さい。

 

それでは、ごきげんよう

11

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る