やまとのスタッフブログ

慶州-天馬塚古墳


皆さん、こんにちは
川原田です。

 

慶州周辺は、紀元前1世紀から
10世紀に栄えた新羅王朝の都が置かれています。

 

新羅時代に作られたと考えられている
古墳や仏教関連の遺跡が多数点在しています。

 

このため
慶州は「屋根の無い博物館」といわれているようです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

慶州(キョンジュ)市内中心部にある
有名な古墳公園「大陵苑(テヌンウォン)」が

 

2000年新たに
ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

 

新羅時代の古墳23基があり、
中でも有名なのが古墳の内部に入れる天馬塚です。

 

天馬塚古墳からは国宝第188号にも
指定されている金冠などが発掘され、現在は国立慶州博物館で展示されています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

また園内には慶州で最も大きい古墳「皇南大塚」や
新羅第13代王・味鄒(ミチュ)王の墓「味鄒王陵(ミチュワンヌン)」などもあります。

 

日本は
朝鮮半島を通して様々な文化が入ってきました。

 

もしかすると日本の古墳も
韓国の形が「元」になっているのかもしれませんね。

 

川原田寿樹

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る