やまとのスタッフブログ

年中行事あれこれ㉓


 

 

皆さん、こんにちは。

日ざしが暖かくて、まぶしい

うれしい時季になりましたね。

 

 

sakura_fubuki

 

 

今回は年中行事のまとめとして

しきたりに関することわざをいくつかご紹介したいと思います。

 

 

・苦しいときの神頼み

日ごろは信仰には無関心なのに、いざ困った時が来ると、

にわかに神に助けを求めて寄進したり、社寺に出かけて祈願することをいう。

似たようなことわざに「せつないときの神たたき」というものもある。

 

・釈迦に説法

よくできた人に対して、未熟な人が知ったかぶりをしてお説法すること。

「釈迦に説法、孔子に悟道」ともいう。

 

・厄年の福は払い落としても、落ちず

厄年は悪いことばかりではなく、

福がついたときはずっとツキが落ちない、といわれる。

 

・吉凶は人によりて、日によらず

人が成功したり、失敗してりするのは

時や日によるのではなく、その人の行いによって決まる。

たとえ凶の日であっても、きちんとした行いをしていれば心配ない

ということ。

 

などなど‥

 

 

「ことわざ」「言い伝え」には明らかに時代錯誤と思われるものや

迷信・俗信に近いものなどもありますが、

 

長い年月を経て、伝え残されてきた「ことわざ」の多くは

現代人が耳を傾けるべき名言・警句が多く含まれているのも事実のようですね。

 

 

(※参考 日本のしきたり 飯倉晴武 編著 より)

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る