やまとのスタッフブログ

年中行事あれこれ㉒


 

 

皆さん、こんにちは。

 

3月ももう半ば。

20日にはもう春分ですね。

 

あるテレビ番組で、

雪の多い東北地方は

雪の降らない地方と比べて

雪解けの〝春を待つ気持ちがとても強い

と伝えられていました。

 

本当にその通りです。

特に弘前のさくらを楽しみにしている人は

少なくないですよね。

 

本格的に活動的な春が始まりますね。

 

 

 

 

今回は時候のあいさつについてです。

 

四季の変化に富んだ日本では、

季節に対する感性が磨かれています。

 

日本人は季節の移り変わりにとりわけ敏感で、

手紙でも四季折々の情景を折り込んだあいさつ

で始めるのが習わしとなっていました。

 

ですが、手紙の冒頭で使われる時候のあいさつは、

旧暦の月の呼称や二十四節気にもとづいているので

現在の季節感とは多少、ズレが出てきているようです。

 

例えば、猛暑の日が続いていても、八月になれば〝晩夏の候〟と書くなど。

今では時候のあいさつの言葉そのものが、日常的に使われなくなっているものも

少なくありません。

 

〝頌春〟や〝啓蟄〟などがそれにあたります。

 

こうした慣用句にとらわれることなく、

現代ならではの季節感を盛り込んだ言葉で

書いても問題はないそうですよ。

 

 

それではまた、次回です。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る