やまとのスタッフブログ

年中行事あれこれ⑲


 

 

皆さん、こんにちは。

 

数日お天気に恵まれて、運転しやすくなってきましたね。

でも、、こんな真冬なのに自転車に乗っている人をたまに見かけます。。

すごくビックリするし、本当に⚠危険ですよね。

皆さんも、冬道は何があるかわからないので

お気をつけくださいませ。

 

 

前回は初詣について紹介しましたが、

今回はおみくじについてです。

 

先日、某神社に初詣に行った際に

今年も恒例のおみくじを引いて参りました。

吉か凶か、くじを引くのは楽しいですね。

ちなみに、凶は一度も引いたことはありませんが、

噂では有名な大きい神社にはあるようですね。。

 

 

omikuji_kichi 

 

 

神社にお参りをしたあと、おみくじを引いて吉か凶かを占うようになったのは

江戸時代ごろからですが、

くじによって神意をうかがうということは、古くから行われていたようです。

 

おみくじは「御籤」または「御神籤」と書き、

神意をはかるために使われていました。

 

鎌倉時代には、農村で用水を田んぼに引く順番を決めるときや、

一部の地域で「切り替え畑」と呼ばれる畑の割り当てを決めるとき、

また、漁村で漁場の割り当てを決めるときなどの

話し合いがつかない際に、村人たちが名前を紙片に書き、

神主がお祓いをしたのち、紙片を引いて決めたということです。

 

昔からおみくじを利用するのは、

地域共同体を円滑にまとめる手段だったのですね。

 

 

ちなみに物事を決する際に、「あみだくじ」を使うことがあります。

この「あみだくじ」は、もともとは紙の上に阿弥陀仏の光背のように、

放射線を描いてくじとしていたことから、

「あみだくじ」と呼ぶようになったのだそうです。

 

 

それではまた、次回です。

 

 

(※参考 日本のしきたり 飯倉晴武 編著 より)

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る