やまとのスタッフブログ

埋葬方法の変化


こんにちは!弘前店の伊藤です。
皆様、明けましておめでとうございます。
2022年も宜しくお願いいたします。

 

さて、今回は「埋葬方法の変化」についてお話ししてまいります。

 

 

日本の埋葬方法は、明治時代の初期までは「土葬」が主流でしたが
それによって墓地が不足することや仏教的な意味合い(釈迦が火葬された点)があり
次第に受け入れられていったそうです。

 

 

一時は神道派からの反発があり、明治6年に火葬禁止令が発令されましたが、2年後に解除され
火葬が一気に普及したようです。墓地不足の深刻化が原因だそうです。
それ以降、公衆衛生の観点からも火葬を重視する動きが活性化しました。

 

特に大正時代にはいると役場が火葬場の設営に積極的になり、定着していったそうです。
現在の日本での火葬実施率は100%だといわれています。

 

 

今回はここまでです。
また次回も宜しくお願いいたします。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る