やまとのスタッフブログ

供養のカタチ


こんにちは西村です。

早いもので秋彼岸がもうすぐです。

ちなみに今年は彼岸入りが9月20日(月・祝)

中日が9月23日(木・祝)<秋分の日>

彼岸明けが9月26日(日)のようです。

お墓参りにはぴったりの季節ですね。

 

先日知り合いが亡くなられたのですが

事情で火葬終了後すぐ納骨という直葬でした。

現代はいろいろな供養のカタチがありますでこのような

ケースも決して珍しくはないと聞いています。

 

ある僧侶は葬儀というプロセスは、大切な人を喪った事実を

受け入れていくグリーフワーク(悲嘆の作業)です。

家族は、その一つずつの儀式を経験しながら、次第に

「遺族になって」いくのです。

このような話を聞いたことがあります。

 

だからといって昔ながらのやり方が良いとは思えませんが

その家族、故人にとってベストなお別れを選択したいものです。

 

やまと石材では終活カウンセラーが多数在籍しています。

お墓や仏壇以外の事でも何なりとご相談下さいませ。

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る