やまとのスタッフブログ

仏像あれこれ~⑦~


こんにちは営業部の宮崎です。

 

皆様1度は目にしたことあると思われる仏像ですが、

 

立っていたり、座っていたり、寝ていたり色々ありますね。

仏様の姿勢により何か違いがあるのでしょうか?

チョット調べてみました。

 

【呼び名】

◇立っている仏像⇒立像(りゅうぞう)

◇座っている仏像⇒坐像(ざぞう)

◇寝ている仏像 ⇒臥像(がぞう)

 

【特徴】

◇立像⇒仏様がまさに、一切衆生(この世の生けるもの全て)を救済すべく動いているお姿。

◇坐像⇒どうしたら一切衆生を救済できるか、思案していらっしゃるお姿。

◇臥像⇒全ての煩悩が無くなり、入滅しようとしているお姿。※お釈迦様限定

 

こうやって調べてみると、仏像の姿勢1つとっても、

ちゃんと意味や目的がある事に驚きました。

 

次に仏像を見るときの見方が変わって来る様に思います。

 

【おまけ】

仏像の姿勢ですが、同じ仏教国であるタイでは圧倒的に臥像が多いのだそうです。

日本は坐像がとても多く、座り方のバリエーションも豊富です。

結跏趺坐(けっかふざ)、半跏趺坐(はんかふざ)、輪王坐(りんのうざ)、

跪坐(きざ)、倚坐(いざ)、半跏踏下坐(はんかふみさげざ)、遊戯坐(ゆげざ)

頑張っている姿、一歩引いた姿を美徳とする日本ならではかもしれませんね。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る