やまとのスタッフブログ

人相


十人十色というように、人はそれぞれ好みや考え方が異なります。
その違いがその人の態度や顔立ちに現れてきます。
人相は形に現れたものから、色々なことを読み取ろうとする「相学」の一分野です。

見かけによらない
顔は常に一定ではなく年月によって変わるので、見極めるのは難しく「人は見かけによらない」とされます。
また、理性や常識でカバーされている部分もあります。
それでも目、鼻、口、耳など個々の形や配置によって推察することは比較的容易にできます。

例えば(一般的に)
・耳の大きい人は秘密を良く守る。小さい人は保ちにくい。
・耳のつく位置が上方の人は感覚的に、下方についているのは思考的に富んだ人。
・耳たぶが大きく厚いのは、福相で誠実。小さいのは小心で涙もろい。
・唇の大きいのは野望家、小さいのは消極的。
・口の両端が切れ上がっているのは、衣食住に不自由しない。
・眉毛が柔らかくで艶やかな人は文化的な仕事に、硬くて粗いのは身体を資本とする仕事に適している。
・鼻先が上を向いている人はおだてに乗りやすく、下を向いている人は警戒心が強い。といわれます。
などと言われます

理想的な顔とは?
如来とか菩薩という敬称がつく仏様は、人相学上理想的な顔の形になっているとされています。
ちなみに如来は「完成に達した人」菩薩は「悟りを求める人」と言う意味の敬称です。

お釈迦さまはどんな顔?
お釈迦様はどんな人相をしていたのでしょうか。
菩提樹の下で悟りを開いた時、それまでとは異なり三十二の特長があったと言われています。
この三十二の特長は、それぞれお釈迦さまの徳を象徴したものです。
さらに細かく分けて、全身の各部分の好い相を八十種あげ三十二相八十種好といいます。
fruit_ringo

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る