やまとのスタッフブログ

三大法会


法会とは、仏教で僧侶や檀信徒が法(仏教の教え)を説くためや供養するために集まることです。
仏教には、「三仏忌(さんぶっき)」というお釈迦さまにゆかりのある大切な忌日があります。
その3つの忌日に、宗派を問わず営まれる大切な法会のことを三大法会と呼びます。

涅槃会(ねはんえ、2月15日)、
灌仏会(かんぶつえ、4月8日)、
成道会(じょうどうえ、12月8日)の3つの法会のことを言います。

前回は灌仏会について書きましたので、今回はお釈迦様が入滅した日、涅槃会についてです。
涅槃会は、お釈迦様が80歳で入滅(にゅうめつ)した2月15日に営まれます。
南伝仏教ではインド暦の2番目の月がヴァイシャーカ月の満月の日と定められていることから、
一般的に2月15日とされています。
入滅は涅槃に入ったということであり、涅槃はニルヴァーナの和訳で、煩悩や迷いがなくなり、悟りを開いた境地を意味します。
涅槃会は、日本では飛鳥時代に奈良の興福寺で始まったと言われています。
涅槃会では、お釈迦さまが沙羅双樹の木の下で、頭を北にして西を向き、右脇を下にした姿で臥している最期の様子を描いた涅槃図を本尊として掲げ、お釈迦さまの最後の教えを伝える遺教経(ゆいきょうぎょう)をあげます。

京都では、涅槃会は春の風物詩として親しまれており、旧暦の2月15日にあたる3月14~15日に涅槃会を営む寺院もあります。
涅槃会の際には、東福寺や泉涌寺では日本最大級の涅槃図や本法寺では長谷川等伯が描いた涅槃図など、各寺院では普段は見ることのできない涅槃図が公開されます。
また、花供御(はなくそ)と呼ばれるあられを授与する寺院もあり、食せば無病息災になると言われています。

23599198_s

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る