やまとのスタッフブログ

コメ粒知識55 都道府県の花


26日に梅雨明けしたと天気予報が発表されました。

久々のねぶた祭りが迫ってきましたね。

 

岸壁の近くではねぶた囃子の練習が響き

やまとの屋外展示場の向こうに見渡せる山々も

心なしか輝いて見えます。

近くにお越しの際はぜひお寄りくださいませ。

エアコンが適度に効いた爽やかな

室内展示場もございます。

 

さて、お墓の彫刻では様々な植物や動物を題材に

ご依頼があります。

そこで、どこにどんな花が多いのか

都道府県の花を紹介しております。

 

京都府の花は「しだれ桜」「嵯峨菊」「なでしこ」。

今回は「嵯峨菊」を紹介します。

 

キク科キク属の被子植物で

秋ごろに白色、黄色、濃赤色の花が咲きます。

花火が開いた時のように花弁が細長く

普段目にする菊より控えめで

密やかな印象を受けます。

 

その昔、嵯峨天皇が目にとめて持ち帰った野菊が

嵯峨菊と言われています。

 

菊全般の花言葉は「高潔」「僅かな愛」などです。

花弁の細さからと、たまたま持ち帰ったということから

愛が細く感じるのでしょうか。

ちょっと寂しいですね。

 

food_kakinomoto

※嵯峨菊はこれより更に細い花弁です。
気になる方は検索してみてくださいね。

 

次も京都府の花の続きを紹介します。

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る