やまとのスタッフブログ

コメ粒知識34 都道府県の花


彫刻では様々な植物や動物を題材に

ご依頼があります。

そこで、どこにどんな花が多いのか

都道府県の花を紹介したいと思います。

 

秋田県の「フキノトウ」の次は山形県です。

山形県といったら夏スキーで有名な月山か

赤くて可愛いサクランボが思い浮かびます。

他にはラフランスもいい香りがして美味しいですし

冷やしラーメンの発祥の地でもありますね。

 

山形県の花は「べにばな」です。

「べにばな」はキク科ベニバナ属の一年草か越年草です。

原産はアフリカのエチオピアで

日本へは5世紀ごろ渡来したといわれています。

 

咲きはじめは黄色い花ですが、やがてオレンジになり

最終的にはその名の通り紅色に変わるのです。

 

花を摘んでから発酵や乾燥させたものが

染料や着色料の材料になります。

 

江戸時代に玉虫色に光る良質な口紅として販売され

それらを小町紅と呼びました。

 

玉虫色が紅色になるなんて不思議ですね。

kuchibeni_woman

 

次は福島県の花です。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る