やまとのスタッフブログ

コメ粒知識32 都道府県の花


今日は3月14日、ホワイトデーです。

最近ではバレンタインデーのお返しにクッキーではなく

小さな花束を贈る人が増えているそうです。

 

さて、彫刻では様々な植物や動物を題材に

ご依頼があります。

そこで、どこにどんな花が多いのか

都道府県の花を紹介したいと思います。

 

岩手県の「キリ」の次は宮城県です。

宮城県といったら杜の都。

仙台市の青葉通りや定禅寺通りの大きなケヤキが

東北一の地方都市と自然の調和を象徴しています。

 

400年ほど前に伊達政宗公が飢餓に備えて

栗、梅、柿などの植林を推奨しました。

それが現在に至るきっかけと伝えられていますが

残念ながらケヤキは県の花ではありません。

 

宮城県の花は「ミヤギノハギ」です。

名前からして県の花にふさわしいですよね。

マメ科ハギ属の落葉低木で枝垂れ気味に

沢山の赤紫やピンクの可愛らしい小さな花が咲きます。

 

ハギの花言葉はそのたおやかな容姿から

「思案」「内気」「過去の思い出」「柔軟な精神」

「前向きな恋」などで、よく万葉集に登場します。
もしかしたら一番多いのかもしれません。

いかにも万葉集らしい花言葉ですね。

 

kankou_toudaiji (1)

 

次は秋田県の花です。

ではまた豆知識ならぬコメ粒ほどの知識を紹介します。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る