やまとのスタッフブログ

なぜお墓を建てるの?


こんにちは!弘前店の伊藤です。

ぽかぽかと気持ちが良い

春らしいお天気になってまいりました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

publicdomainq-0006336adu

 

 

 

 

 

さて今回はそもそも、何故お墓を立てるのかということについて

お話してまいります。

 

 

人が亡くなったらお墓を建てなければならないという
法律は世界中どこにもありません。

 

 

にもかかわらず、人類は太古の時代からお墓を作り続けてきました。
なぜでしょうか。

 

 

 

今から7万年前、ネアンデルタール人が死者に
花を手向けていたことが考古学で明らかとなっています。
これがお墓作りの原点ではないでしょうか。

 

 

従ってお墓は慣習や習慣で建てるものではなく
人類の証とも言える死者への哀悼、追憶の心

仏教でいうところの供養の心によって建てる祈りの造形なのです。

 

 

 

どういうお墓が、よいお墓なのか?

こういう形で、こういう色の石で
こういう大きさの墓石がよいお墓だ…等というものはありません。

 

 

お墓には、「死者を供養し祀る」という意義と
「この世に残された人の心の拠り所」としての意義があるそうです。

 

 

従って死者を供養するのにふさわしいたたずまいがあり
死者と生者の語らいの場所、親を想い自分たちの生活の歴史を
子供達に伝えて行く場所としてふさわしいお墓なら
いずれもよいお墓と言えるのではないでしょうか。

 

 

やまと石材では4/10(土)~5/5(水)まで展示会を開催いたします。

青森本店・弘前店で両店同時開催です!

遅くてもお盆までのお墓の建立をお考えの方は

是非、一度ご来店いただければと思います!

 

 

今回はここまでです。

また次回も宜しくお願い致します。

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る