やまとのスタッフブログ

ご焼香の豆知識


こんにちは。佐々木です。

普段何気なく行っている動作が実は違っていた!

・・・よくあることですよね(私だけ?)

ということで今回は「焼香の作法」について

お話ししたいと思います。

 

仏式の通夜や葬儀では、僧侶による読経と同じように

大切なのがご焼香です。

焼香には霊前を清め、敬けんな心で仏様のご冥福を

祈る気持ちが込められています。

一般的には通夜や法事では線香を、

葬儀や告別式では抹香(まっこう)が使われることが多いようです。

 

 

線香による焼香

1.ご遺族、僧侶に一礼した後、遺影に向けて一礼です。

2.線香は右手で持ち、火を付けます。

3.火が付いたら左手であおぐか、線香を軽く振って消します。

(息は吹きかけないようにしましょう)

4.1本ずつ香炉に立て、合掌です。

 

抹香による焼香

1.右手の親指・人差し指・中指で抹香をつまみ、

目の高さまで掲げます。

(浄土真宗は香を額に掲げず、そのまま香炉に落とし入れます)

2.抹香を静かに香炉へ落とします。これを1~2回繰り返します。

3.再び仏様に合掌、一礼し、少し下がって遺族に一礼をします。

 

焼香の回数って何回すればいいの? 

まさに「いまさら聞けない作法ではないでしょうか!?

「自分の宗派は知っていても、〇〇宗はどうするの?」

・・・まさに私の事です。

先にも述べましたように焼香には、お線香と抹香があります。

宗派によっても多少の違いはあるので、次の表をご参考に・・・

 

宗派 お線香 抹香
天台宗 3本立てます。 3回行います。
真言宗 3本立てます。 3回行います。
浄土宗 1本立てます。 3回行います。
浄土真宗 本願寺派 1本を2つに折って火を付け、横に寝かせます。 1回行いますが、額には押し頂きません。
浄土真宗 大谷派 1本を2つに折って火を付け、横に寝かせます。 2回行いますが、額には押し頂きません
曹洞宗 1本立てます。 1回目は押し頂き、2回目はそのままくべます。
日蓮宗 1本、もしくは3本立てます。 1回行います。

 

いかがでしょうか。色々な作法がありますが、

基本的には同じですので、慌てずに落ち着いて行いましょう。

何より大切なのは、仏様を偲ぶ気持ちですよね。

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る