やまとのスタッフブログ

お経


お経には次の三種類があります。
・経・・・お釈迦さまの教えをまとめたもの。
・律・・・戒律(規則)に関するもの。
・論・・・経と律に関する解説および研究論文。
中心となるのはやはり経で、お釈迦さまが弟子たちに説かれた話の記録です。

お経の文章構成は、概ね次のようになっています。
・如是我聞(にょぜがもん)私は次のように聞きました。で始まる。
・教えが説かれた場所。
・聞いた人の人数。
・会話の内容。
・信受奉行しんじゅぶぎょう私はこの教えを信じ受け取り実行します。で終わります。
経という漢字は線とか糸を意味していて、お釈迦さまの教えをいくつも並べまとめたもの、道理、道筋といった意味があります。
お経はインドから中国に伝えられ、中国人僧侶の著作物も含めて編集されました。
これを漢訳大蔵経や一切経といいます。日本に伝わったお経の中心はこの大蔵経で2,920部、11,970巻のお経が納められています。
A5判に文字を書いていくと約7,000ページ位の量になります。

経、律、論を三蔵と呼びます。
この三蔵に精通している僧侶を三蔵法師(敬称のひとつ)といいます。
有名なのは孫悟空の西遊記に登場する三蔵法師は玄奘(げんじょう)三蔵法師といいます。

日本の文化に深くかかわりを持った法華経(ほけきょう)
聖徳太子は日本で初めて法華経を信仰した人として有名です。
天台宗を開いた最澄(伝教大師)も法華経信仰を大切にした人です。
日蓮上人は天台で学び法華経を中心にすえた宗派を開きました。

現在日本で使われている法華経は鳩摩羅什くまらじゅうという僧侶が翻訳したもので、妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)といいます。
「蓮華のような妙なる法の経典」と言う意味です。
前半の内容は智恵と平等について、後半は苦悩からの解放について説かれています。
この後半に良く知られている観音経が含まれていて、祈願に使われる言葉もこの法華経から抜粋された言葉が多くあります

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る