やまとのスタッフブログ

お盆の由来・・・


こんにちは。山内です。

とても暑くなって参りました。

最近は関東よりも東北の方が気温が高い日もあるくらいです。

体調管理には十分に注意してくださいね。

間もなく、お盆ですね。

私的にですが、1年間でお墓が最も意識される期間なのではと考えています。

そんなお盆ですが、なぜ「お盆」というかご存知でしょうか??

色々な説はあるそうですが、その中でもひとつご紹介します。

そもそも正式名称は「盂蘭盆会」(うらぼんえ)といいます。

盂蘭盆会とはもともと、インドのサンスクリット語の「ウラバンナ」(逆さ吊り)

を漢字にあてはめたものだそうです。

ちなみにウラバンナって、逆さまに吊り下げられるような苦しみにあっている人を救う法要という意味なんですって。

ちょっと怖い・・・・

ところが深掘りしてみますと、お釈迦様の弟子の一人、「目蓮尊者」(もくれんそんじゃ)が母を

救うところからきているそうです。

目蓮尊者はあるとき神通力によって亡き母が餓鬼道(死後の世界のひとつ)に落ち、

逆さづりにされて苦しんでいる事を知りました。

そこで、母を救う手立てをお釈迦様に相談したところ、

「夏の修行が終わった7月15日に僧侶を招き、そこで多くの供物を捧げ供養すれば母を救う事が出来る」

というお話しをされたそうです。

nigaoe_buddha

目蓮尊者はお釈迦様の教えに従い、無事母は極楽往生がとげられたそうです。

それ以来、旧暦の7月15日は、父母、ご先祖様に感謝をささげ供養をする大切な日、

「お盆」になったという事だそうです。

色々な説がある中で、なるほどと私が思ったものをご案内させていただきました。

それでは、また。

 

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る