やまとのスタッフブログ

お正月にお墓参りはしてもよい?年末年始のお墓参りと注意点など。


仏事は各宗派によって習慣が少しずつ違い、さらには地域やお寺、各家庭の考え方によっても異なってきますが、
仏教の基本的な考え方としては特別にお墓参りを避けるべき日というのはありません。
そのため、お正月(年末年始)にお墓参りをすることに原則問題ありません。

「お正月のお墓参りは縁起が悪い」と言われることもあるようですが、お墓はご先祖様が眠る場所ですので、決して縁起が悪い場所ではありません。
また、本来お正月には「新年に歳神様と先祖の霊を迎えるため、時間をかけて用意を整える」という意味もるくらいなので、むしろお墓参りに行くほうが良いともいえます。

お正月にお墓参りをすることで、ご先祖に一年の報告と感謝をすることができます。
最近では、元日や三が日、または松の内に、新年の挨拶としてお墓参りをされる方も増えているようです。
さらに年末年始は、帰省で地元を離れた方が実家に戻ったり、親せき一同が集まることのできる機会でもあります。
地元を離れている方であればなかなかお墓参りもできませんので、このお正月休みの機会を利用してお墓参りに行くと良いです。

宗派や地域などによっては、大晦日に行くという決まりや、三が日中に行くなどの習慣もあるようです。
ただし、家族や親せきに「お墓参りは年末年始を避けるべき」という方がいる場合、
年末年始のお墓参りをしない地域のしきたりがあるなど、トラブルになりそうなときは年末年始のお墓参りは避けたほうが無難かもしれません。

年末年始のお墓参りでは、【一つだけ注意点があります。】それは、
【お墓参りの日に他の予定を入れることは避けなければならない】ということです。
様々な予定の一つとしてお墓参りすることを「ついで参り」といって、ご先祖様に対して失礼なこととされています。
そのため、お墓参りをする日は、それ以外の予定は入れないよう注意してください。

また、お墓参りに行く際には、あらかじめ霊園・墓地の開いている時間を確認してから出かけましょう。
お寺の墓地で年末のお墓参りをする場合、大晦日はどのお寺もお正月の準備に追われていますので、
できれば30日までにお墓の掃除を済ませたほうがよいでしょう。

お墓参りの時間帯
お墓参りの時間帯は午前が望ましいとされています。
しかし、必ずしも午前中である必要はなく、遠方からの帰省などで午前中が難しい場合は、午後でも問題ありません。
ただし、午前中に行けるのに他の予定を入れてしまって午後から行くというのは「ついで参り」になるため、それは避けたほうが良いでしょう。
snow_crystal3

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る