やまとのスタッフブログ

お彼岸


春と秋の年2回行われますが、毎年日程が変わるということはご存知でしょうか?2022年の秋彼岸の日程は、9月20日(火)~9月26日(月)までの7日間になります。
秋彼岸の初日を「彼岸入り(ひがんいり)」、真ん中の日を「中日(ちゅうにち)」、最終日を「彼岸明け(ひがんあけ)」と呼びます。
9月20日(火)…秋のお彼岸入り(初日)
9月23日(金・祝)…中日(秋分の日)
9月26日(月)…秋彼岸明け(最終日)
9月の秋彼岸は、国民の祝日である「秋分の日」を中心とした前後の3日間(合計7日間)がお彼岸として指定されています。
9月の祝日は、秋分の日のほかに敬老の日(第3月曜日)もあるため、秋のお彼岸時期は大型連休(シルバーウィーク)と呼ばれています。
2022年のカレンダーは以下の通りとなり、基本的には3連休が連続する形になります。9月20日(火)~22日(木)の3日間も休暇にすると最大9連休にすることも可能です。
この連休を利用して、家族みんなでお墓参りなどを行い、ご先祖様へ日頃の感謝を伝える機会を作ってみてはいかがでしょうか。

一般にお彼岸は、お墓参りなどを通してご先祖様の供養を行う期間として位置付けられていますが、他の国には見られない日本独自の行事であるということをご存知でしょうか?
お彼岸の語源は、サンスクリット語(古代インド・アーリア語に属する言語)の「paramita(パーラミタ)」で、日本における音写語(外来語を、他の言語の文字を用いて書き写した言葉)は「波羅蜜多(はらみた)」です。
漢訳すると「至彼岸(とうひがん)」となり、「彼岸に至る」という意味を持っています。
日本の仏教では、「此岸(しがん)」と「彼岸(ひがん)」という概念があって、言葉自体はそれぞれ「こちらの岸」「向こうの岸」という意味になります。
此岸(しがん)…こちらの岸。欲や煩悩にまみれた世界(この世)
彼岸(ひがん)…向こう岸。仏の住むお浄土の世界(悟りの世界)
※この此岸と彼岸の間に流れる川のことを「三途の川(さんずのかわ)」と呼びます。
つまり、「彼岸」という言葉は、最終的に「悟りの世界へと辿り着く」という意味になります。

仏教では、西方の遥か彼方にお浄土の世界があるとする「西方浄土(さいほうじょうど)」の考えがあります。
お彼岸の時期(特に春分の日・秋分の日)は、太陽が真東から出て真西に沈む期間であることから、西方にあるお浄土への道しるべができる時と考えられていました。

また、春秋のお彼岸の時期は、昼夜がほぼ同じ長さになる期間でもあることから、1年の中でこの世とお浄土との距離が最も近くなり、思いが通じやすくなる時ともされています。
そうことから日本では、春秋のお彼岸の時期に「六波羅蜜(ろくはらみつ)」と呼ばれる仏教修行を行うことで、煩悩に満ちた現世(此岸)を脱して悟りの境地(彼岸)に至ることができるという思想が生まれました。

古来より農作が盛んであった日本では、仏教伝来以前から、作物を育てる太陽と私達を守ってくださる祖先神への感謝を基本とした太陽信仰が定着していました。
これらの信仰は「日願(ひがん)」とも呼ばれており、この自然やご先祖様を崇拝する慣習が、「お浄土の世界への到達」を目指すお彼岸の考えと融合したことで、
最終的に「ご先祖様への感謝の気持ちを込めて供養を行い、かつ仏教の教えに従って精進することで自分自身を見つめ直す時期」だとするお彼岸の風習が確立したと考えられています。
現代のお彼岸は、ご先祖様を供養するための期間という意味合いが強いですが、本来は、「六波羅蜜(ろくはらみつ)」という修行を実践しながら仏教の教えに従って精進することで、悟りの世界を目指すための期間でもあります。

この六波羅蜜とは、悟りの境地に達するための修行である「八正道(はっしょうどう)」を、出家していない者たち(在家)向けの修行方法として説いた6つの実践のことを指します。
「六波羅蜜」の6つの実践
布施(ふせ)…施しをすること
持戒(じかい)…規律を守ること
忍辱(にんにく)…よく正しい心をもつこと
精進(しょうじん)…目的に向かってたゆまず努力すること
禅定(ぜんじょう)…常に平静な心をもち続けること
智慧(ちえ)…智慧を磨き、智慧を働かせること
六波羅蜜は仏教修行の基本ともいわれますが、出家していない人たちが毎日これらの項目を実践するのは中々難しいのが現状です。
だからこそ、「仏教修行を営むのに最適な春秋の時期にこそ、みんなで集中して六波羅蜜を実践してみよう」という修行の機会がお彼岸なのです。

六波羅蜜は全ての物に感謝する報恩感謝の精神が基本になっており、お彼岸にお墓参りをしたりお供えをする行為も、六波羅蜜の修行の一環と言えます。
お彼岸が全部で7日間設けられているのは、中日はご先祖様の供養に徹し、そのほかの前後3日間を使ってこの修行を毎日1つずつ実践するためともいわれています。

food_kakinomoto

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る