やまとのスタッフブログ

お彼岸って何?②


こんにちは!弘前店の伊藤です。

早いもので9月も中旬に入り、朝晩はますます冷え込んでまいりました。

皆様、気温の変化などには十分お気を付けくださいませ。

 

 

前回に引き続き「秋のお彼岸」についてお話してまいります。

波羅蜜(はらみつ)とは彼岸(彼の世)に渡るという意味で、彼岸に渡るための修行が六波羅蜜です。

  • 布施(ふせ):見返りを求めず人に施すこと
  • 持戒(じかい):戒を守り善行をすること
  • 忍辱(にんにく):恥辱に耐え我慢すること
  • 精進(しょうじん):努力すること
  • 禅定(ぜんじょう):精神を統一して真理を考えること
  • 知恵(ちえ):物事を正しく見ること

こうしたことからご先祖に対する感謝が

お彼岸は仏教としても大切な行事となったそうです。

一般的には、できればお彼岸の入り

遅くてもお中日までには墓参し花や線香を供えます。
また四季の花になぞらえて春の彼岸には牡丹餅を

秋の彼岸にはお萩を仏前にお供えする風習があります。

ちなみに「秋分の日」は、『国民の祝日に関する法律』によって

『祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ日」と定められています。

 

今回はここまでです。

また次回も宜しくお願いいたします。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る