やまとのスタッフブログ

お墓を求めるときの注意事項


各墓地固有の規則などが定められている場合がありますので、事前に調べておかないとお墓の工事の段階で、不都合が起きる場合があります。

■使用者資格
墓地の種類により、その墓地を使用するための資格が必要な場合があります。
例えば、公営墓地の申し込み資格は、申込者の現住所がその自治体にあることという規則がある自治体もあるようです。
また寺院墓地では、通常はそのお寺の檀家に限られる場合が多いようです。
これに対して民営墓地では、宗旨宗派や国籍などについての制限がない場合が多いため、墓地は抽選などで当選しないと求められないうえ倍率も相当数になるようです。
■使用規定
各墓地や霊園には各々の使用規定があります。これを遵守しない場合、使用を認められなかったり、返還を求められる場合があります。

使用規定の一例
多くの墓地では使用者の親族以外(何親等と決められている場合もあります)の遺骨を埋葬できないことになっています。
民営霊園では墓石の購入や施工の場合、石材店を指定される場合が多いようです。
墓石の大きさや高さ、あるいは形が制限されている事があります。(お墓が完成すると完成検査を実施して違反が無いか検査をしているとろろもあります)
隣の区画との境界を明確にするために、境界石の施工を義務づけられることがあります。
墓地の使用権を他人に譲渡することはほとんどの墓地・霊園では認められていません。
■墓地の区画
墓地の一区画の広さは一般的に平方メートルで表されますが、墓地によっては、「聖地」という単位を使うこともあります。
ただし、「聖地」に関しては広さの決まりはありませんので、各墓地によってその大きさはまちまちです。
■墓地の維持費
墓地を求めた場合、支払うのは墓地使用料です。これとは別に毎年年間管理料が必要となります。ohaka_bochi

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る