やまとのスタッフブログ

お墓の継承はどうしたらいいの?


こんにちは 弘前店の寺澤です。

近年、終活を始められる方も増えており、お墓の継承についても考えているかたもいらっしゃると思います。
先日、お客様からこんな相談がありました。
「子供は娘なので将来、嫁いだらお墓もりが負担になる」
「娘はすでに嫁いでおり、墓を継承していくものがいない」
娘様をお持ちの方はいろいろ悩まれますよね。

●供養方法もさまざま
お墓事情の背景には、昨今のライフスタイルの変化や核家族化、高齢社会、少子化などニーズの変化に伴い、これまでの先祖墓から夫婦墓、両家墓、樹木葬、永代供養、海洋散骨など選択肢が増えてきています。

●お墓のあり方もさまざま
先祖から引き継いだお墓がある場合は、そのお墓に納骨するのが一番良いかと思います。
今後、墓もりする方がいなくなるかもしれないと悩まれている方は、事前にご家族やご親戚を含めてじっくり話し合いをして決めてください。
案外、墓もりを負担と思っていないお子様がたも多くおられます、

近年、少子化で継承者がいないということで、夫婦両家で共同の墓を建立し、管理、継承していくことを両家墓と言います。
かつてはご先祖の墓を守っていくといった考えが根強かったと思いますが、継承者不足により一家族が2つのお墓を管理することやお寺様との付き合いが大変になっていることから両家墓を選択しているようです。

ご家族のスタイルに合わせた供養方法を選択していただければ思います。
お墓ディレクターと終活カウンセラーの資格保持者の私どもがサポートさせていただきます。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る