やまとのスタッフブログ

お墓に彫る花の彫刻


こんにちは。佐々木です。

 

桜の季節も間もなくです。

青森県民にとりましては気持ちも盛り上がる

季節ですね。

コロナの感染対策をしっかりとりながら

桜の情緒を楽しみたいと思います。

 

さて、この時期から私たちの仕事も

更に活気を増していきます。

 

なぜかと言いますと・・・

殆どの方々が

「お盆までにはお墓を完成させたい」
というご希望がおありだからです。

石の種類やデザインを早めに決めて

ゆっくりと完成を待ってお盆を迎えたいと

お考えの方が殆どです。

 

そこで思い出したのが「お墓に彫るお花」のことです。

私たちの統計では、新しくお墓を建てる、または古い
お墓を建て替えるという場合、いわゆる洋型
(昔ながらの型ではなく、ちょっと背の低いお墓)を
選ばれる方が約70%以上もいるんですよ。
「ヘェ~」ですよね。

そうすると正面に彫るデザインもお花をあしらったものに
する方が増えるのも当然かもしれません。

以前、この6月ころにお墓を建てられた方の中に
「紫陽花」を彫られた方がおりました。

「普段から自宅の庭に咲いていた紫陽花をお墓に彫り、
いつも自分の家にいるような、そんなお墓にしたい」

皆さんがもしお墓を建てることがあるならば、
そして、もし洋型のお墓ならば・・・
どんなお花を彫りますか?

自分が好きなお花。故人が好きだったお花。
家族の想い出のお花・・・

それぞれに想いのこもったお墓になるのでは
ないでしょうか。

えっ?私だったら?
そうですねぇ、単純に元気の出そうな「ヒマワリ」
なんかいいですね。

さあ!コロナウイルスに打ち勝ち、

ゴールデンウイークは

やまと石材の展示会に行きましょう!

 

最後は宣伝でした・・・

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る