やまとのスタッフブログ

チョコレートの歴史


 

 

皆さんこんにちは。

営業部の平田です。

明日2月14日はバレンタインデーですね。

バレンタインと言えばチョコレートです。

ということで今日はチョコレートについてです。

 

 

2valentinesday_itachoco2

 

 

そもそもチョコレートが日本に来たのはいつなのでしょうか。

チョコレートが日本に伝わったのは18世紀末頃だそうです。

鎖国をしていた為、長崎に「しょくらとを」という名前で伝わったそうです。

しかし大衆に広がるのはまだまだ先のことで、明治時代から広まりました。

 

 

では初めてチョコレートを口にした日本人は誰なのでしょうか。

諸説あるそうですが伊達政宗の命令で1617年頃にスペインに渡った支倉常長の

一行だそうです。

明治時代には岩倉使節団がフランスのチョコレート工場を視察しています。

またチョコレートの始まりは紀元前2000年前までさかのぼります。

そのころ、古代メキシコではチョコレートの原料のカカオ豆は

「テオブローマ」(神の食べ物)と呼ばれていました。

大変貴重なものだったそうです。

 

 

チョコレートは健康にもいいですよね。

中世ヨーロッパではカカオ豆は薬局で売られていたらしいです。

また疲れた時に食べたくなるチョコレートですが、たしかにチョコレートの

甘い香りには集中力や記憶力をアップさせる効果があるそうです。

仕事の休憩にチョコレートというのは、やっぱり理に合っているんですね。

 

 

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る