やまとのスタッフブログ

高い墓石が良いとは限らない訳とは


こんにちは、坂下です。
いかがお過ごしでしょうか?
「高い墓石が良いとは限らない訳とは」とはの裏話、最終回となります。

では、裏話その4 石の品質表示です。

最近は、世界中の色々な石が、日本に輸入されています。
石に詳しくないあなたが、
石材の良し悪しを見分けることは不可能に近いことだと思います。
一つの目安をお話しします。
それは、墓石店の展示品についている品質表示です。
チェックするポイントは、
○ 原産地
その石はどこで取れた石か。
○ 吸水率
水の吸い込み度。
どんな石でも水は吸い上げるのですが吸水率で耐久に差がでます。
○ 圧縮強度
一定の圧力をかけて、どのぐらいまで持つのかを試す試験です。
簡単に言うとどのぐらい硬い石かを計ったものです。
○ 見掛け比重
重さでその石を計る試験。
同じ大きさの石であれば重ければ重いほど目の詰まった硬い石だと言えます。
墓石店に行って、この4点が展示品に付いているかどうかをチェックしてください。
同じ石工事でも、公共事業では必ずこの4点の提出が求められているのです。
また石は、このデータしか品質を表すものがないのです。
この辺になると、分かりにくいことが多くなると思いますが、
あなたは値段だけで選ばないで下さい。
thumbnail_mark_checkbox

次回は、生前にお墓を建てると早死にする?です。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る