やまとのスタッフブログ

霊場巡り その5


 こんにちは三浦です。
今回もお付き合いくださいませ。

 さて、いよいよ四国八十八箇所霊場巡りの旅の始まりです。
まずは阿波の国、徳島県からスタートです。

 第一番札所「霊山寺」(りょうぜんじ、と読みます)。

ところで、札所とは何なのでしょうか?
これは、巡礼者が自分の名前の書いた
木札をお寺の建物に打ち付けたことに由来するようです。

 もちろん現在では、木札ではなく紙の札(納め札)
をお参りの証として収めてきます。

 納め札には種類があって
お参りの回数で色が変わってきます
(自己申告制ですけどね)

 1~4回   白
 5~7回   青
 8~24回  赤
 25~49回  銀
 50~99回  金
 100回以上 錦

 名刺代わりや、お接待を受けたときのお礼に
差し出したりもします。

 特に、錦のお札はとてもありがたがられ、
縁起のいいものとされています。

 などと、前置きが長くなってしまいましたが
次回ももう少し前置きをお話させていただきます。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る