やまとのスタッフブログ

長靴型の花立て


設計課の山本です。

今回は花立てのお話です。花立ての形は一般的に、花瓶型や

円筒形、角柱のような形ですが、最近は花立ての形で故人

を表現するケースも増えてきています。

その中の一つが今回ご紹介する長靴型の花立てです。

釣り好きだった故人の使用していた長靴のような形にしたい。

という要望で製作することになったのですが、この形は初めて

で、工場でも作ったことが無いとのことでしたので、まず1/2

サイズのミニチュアを製作してお客様に見てもらうことになりました。

そのための目安となる長靴の三面図を描き、資料になりそうな写真と

一緒に工場へ送って製作してもらいました。ミニチュアは雰囲気の違う

2種類のミニチュアを製作して選んで頂くことになりました。

そのうちの一つの写真がこちらです。

長靴ミニ

小さいながら良く出来ています。

最終的にはこの形に決まり、その後実際のサイズで製作して頂きました。

香炉の両側に置くのでちゃんと右足用、左足用になっています。

29011出来上がり

ちなみに、もう一つのミニチュアはというと、現在ショールームに一輪挿し

として飾られています。

長靴ミニ2

この長靴も皺の入り具合いい雰囲気です。皺の表現が難しかったと思います。
どちらかというと、私はこちらの方が気に入ってます。

山本

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る