やまとのスタッフブログ

言いたいことが言える!?


こんにちは。佐々木です。
さて、今は冬なんでしょうか?
それとも春なんでしょうか?
中途半端な季節です。
今日お届けするのは、前回に引き続き
「会議ネタ」です。
といっても今回はいつもの
「眉間に皺をよせ、発言者が決まっていて、
結論もある程度見えている・・・」
というような、型にはまった?会議ではありません。
それはなぜか??
実は今回のものは「会議」というより
「ワークショップ(WS)」というもので、
進行役(ファシリテーター)がいて、参加者が
自発的に発言し、学びながら創造していくやり方です。
s-130213西潟さんMT 1
◇みんながそれぞれの意見を話し合います。
ファシリテーターも社内ではなく外部から講師を
お招きし、進めて行きました。
そうすることで社内間にある、凝り固まった頭が
急に柔軟性を持ってきます。
みなさんも何となくわかると思います。
上司に、ああだこうだ、と言われるより、
フラットな立場の方と一緒に考えた方が、
思わぬ気付きが湧き出てくると思いませんか?
一番いいなぁと感じるのは、その発言には
「間違った答えが無い!」ということです。
どうしても発言しようとすると、
「それは間違っています!」とか
「そんなのありえません!」など
否定的な応えを怖がって何も言えなくなります。。
このワークショップにはそれがありません。
どんなことを言っても、まずは聞く耳を持ってくれます。
s-130213西潟さんMT 4
◇同じものを見ていても、それぞれ違う意見が飛び交います。
そして最後には全員のベクトルが同じ方向に
進むようになっていきます。
ある意味、言いたいことが言えるので、
ストレス発散にもなるような・・・。
さてさて、丸一日を費やしたワークショップ。
私たち営業部のみならず、工事担当から総務に
至るまで豪華メンバー総出演です!!
(社長は後ろでひっそりと・・・)
s-130213西潟さんMT 2
◇右側の後ろで、忍者のように気配を消す社長。
s-130213西潟さんMT 3
◇ちなみに、お昼ごはんも豪華弁当でした。
残念ながら今回のワークショップは皆様に詳しい内容は
お知らせできませんが、会社の数字のことから、個人の
内面に至るまで多岐にわたって話をしていきました。
何よりも、社員全員があらためて様々なことを
共有できたことが一番の収穫かと思います。
120219佐々木写真

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る