やまとのスタッフブログ

親柱


こんにちは、大澤です。

 

寒い日がありましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

今回はまたまた、環境石材のお話です。
だいぶ前の工事です。

先日、山本のブログでもありましたが
青森市浪岡地区に新しく道路を開通することになり
開通前の橋梁に親柱を設置させて頂きました。

sIMG_3606

この親柱はだいぶ前にお話を聞いたのですが
ようやくかたちとなりました。

そもそも、親柱とはなんなのでしょうか?
コトバンクや大辞林では
【高欄や階段の手摺りなどの両端や曲がり角に立つ太い柱】
とあります。
それだけ・・・・・・?

sIMG_3603

親柱にはその橋の名称や橋の架かる河川の名称が
明記してありますが、それだけの役割なのでしょうか?

sIMG_3554

仕事がら橋を通るときは、親柱をついつい見てしまいますが
最近は、親柱の無い橋もけっこう見受けられます
やはり、親柱のあるほうが景観が引き締まって
見栄えがいいと思うのですが・・・・。
やはり、ちょっとさみしい気もいたしますね。

今回の親柱も例にもれず、何度もデザイン試案をしたうえで
このデザインとなりました。

ちょっと見は何のデザインなのか
解らないとおもいますが
浪岡のマスコットキャラクターの「バサラくん」を
モチーフにしております。

sIMG_3602

もし、青森市浪岡に行くことがありましたら
是非、ご覧になって下さい。
「青森市中世の館」の近くです。

では、ごきげんよう。

11

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る