やまとのスタッフブログ

西洋と東洋の違い②


こんにちは。

本店営業部の宮崎です。

前回は「地獄」を調べてみましたが、
今回は「天国」について色々と調べてみました。

現代では、”地獄”の対義語として”天国”という言葉が使われますが、
実は西洋の天国と日本の天国は全然違います。
と、いうよりも西洋で示す所の天国は日本にありません。。

そんな身も蓋もない。。。とお思いの方もいらっしゃると思いますが
天国とは、キリスト教においてざっくりですが、
「天使達が住まう場所であり、死者が最後の審判の日を待つ為の理想郷」
になります。

日本にも「極楽浄土」という信仰がありますが
浄土信仰においては、仏(善人)になる為に修行する場所であり
とても穏やかな場所である。とされています。
ちなみにこの浄土信仰(思想)があるのは
主に浄土宗・浄土真宗・真言宗です。

多くの人が「天国=浄土」という誤った認識をしているのは
中学校の歴史授業で念仏信仰について学ぶ点と
西洋の天国と地獄の概念が、普及したためではないでしょうか?

また、曹洞宗や日蓮宗には「浄土」という概念はなく
「輪廻転生」という考え方があります。

こちらも、時代背景を紐解きながら考えると
とても興味深い内容ですので、機会があればご紹介したいと思います。

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る