やまとのスタッフブログ

終活してますか㉖


総務部の桜庭です。
今日は「デジタル遺品」について、お話します。

近年、キャッシュレス化が進み、現金を持ち歩く人が少なくなってきました。
金融庁では、今後10年でキャッシュレス化決済の比率を40%に引き上げる計画だそうですよ。
便利なのか、不便なのか・・・
世の中がそうなるのであれば、対応していかなければいけません。

また、財産として不動産や、預貯金と同じく「デジタル遺品」についても
しっかりと考えなければいけなくなってきますね。
デジタル遺品とは、パソコンやスマートフォンのデータ、SNSのアカウント、電子口座の事を言います。
多くの人は、パソコンやスマートフォンは自分だけの物として使用し
アカウントやパスワードも自分だけの物として使用していると思います。
自分にもしもの事があった時、自分しかパスワードを知らなければ、残された人はどうすることも出来ません。
かといって、誰でもどこでも見れるような管理の仕方は不用心です。
もしもの時の為に、先ずは普段からデータの整理をしておくこと、これが一番です。
デジタル遺品については、まだまだ未整備なジャンルで、利用する私達が考えていくしかないようです。
エンディングノート等を利用し、生きている時は隠して、万が一の時は家族にも伝わるようになど、工夫が必要ですね。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る