やまとのスタッフブログ

穀雨


 

 

皆さん、こんにちは。

営業部の平田です。

 

 

2wakaba_shinryoku

 

 

 

本日4月19日は「穀雨」です。

といっても恥ずかしながら、穀雨について全く知識がありませんでした。

ということで今回「穀雨」について調べてみました。

 

 

 

穀雨とは二十四節気の1つで、

「雨が百種の穀物を生じさせる時期」を意味するそうです。

穀雨を迎えると気温は急速に上昇し、寒気が訪れることはなく、

雨が降る日も増えていきます。

穀物を育てるには絶好の気候で「雨生百穀」(雨が百種の穀物を生じさせる)と

言われ、ここから「穀雨」という言葉が生まれました。

 

 

 

二十四節気とは古代中国で作られた暦で、日本では平安時代から使われています。

二十四節気は太陽の運行に基づいており、1年で最も昼の長い日を夏至、

1年で最も昼の短い日を冬至、昼と夜の長さが同じ日を春分・秋分とし、

この4つを春・夏・秋・冬の中心として決めた暦です。

この4つの節気は合わせて「二至二分」と呼ばれています。

 

 

 

二十四節気の仕組み

この二至二分が二十四節気を決めるうえでの基準となっています。

立春はこの冬至と春分のちょうど中間の日で、暦の上ではこの日

から春が始まります。

春の節気は立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨となっており、

穀雨は春の最後の節気です。

また、立春・立夏・立秋・立冬の4つを「四立」と言い、それぞれ

春夏秋冬の始まりの日として重要な節気となっており、

二至二分と四立を合わせて「八節」と言います。

 

 

 

田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころだそうです。

たしかにもうすぐ田植えの季節ですね。

穀雨とは、穀物の成長を助ける雨のことだそうです。

そう言われると、雨の日もいいですね。

 

 

それではまた次回。

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る