やまとのスタッフブログ

神社と寺院の違い


こんにちは。

やまと石材本店営業部の宮崎です。

 

今日は、神社と寺院の建物はどこが違うのか?

を、調べてみましたので少しばかりお付き合いください。

 

~神社と寺院の違い~

その①<床>

神社⇒弥生時代の高床式の倉がモデルとなっている。

伊勢神宮の社殿がその典型だそう。

寺院⇒床は地面と同じ高さ。縁の下が無いのが寺院の特徴であり基本構造

ただし、平安時代以降は湿気が上がる等の理由から本尊がある本堂は

床を上げて、縁の下がある構造が一般的になっています。
図1
その②<屋根の材質>

神社⇒茅葺き(かやぶき)、檜皮ぶき(ひわだぶき)が一般的

寺院⇒瓦を多用している。

これは、仏教と共に伝わった中国のオリジナルの建築資材であった為。

 

 

 

その③<屋根の形>

神社⇒切妻造が基本

寺院⇒特に決まりはない。

 

SKMBT_C55418092517140

 

その④<本堂、本殿の作り>

神社⇒屋根は1つに見えるが、本殿(本尊をまつる所)と拝殿(参拝するところ)は

屋根を別々にするなど、厳格に区別している。

また、床も本殿が必ず1段高い造りになっている。

寺院⇒特に区別はされていない。

 

上記の様にいくつかの基本構造の違いがありますが、このようになったのは

大陸伝来の仏教に対して、当時の神道派は日本古来の伝統技術を貫いた結果だと思います。

 

その他にも沢山の違いがありますが、次の機会に!

 

こうしてみると少し楽しくねりますね♪

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る