やまとのスタッフブログ

石塔ってな~に?


 

 

 

皆さんこんにちは。

営業部の平田です。

7月もあと一週間となりました。

来月にはもうねぶた祭りですね。

今年は夜が比較的涼しいので大変助かっております。

 

 

さて前回からの続きです。

 

 

石塔は石の卒塔婆の略です。

石で造ったおしゃか様の仏舎利のあるお墓、

つまり「仏塔」になるからです。

しかしこれでは、私たちのお墓になりません。

 

 

ところが多武峰の談山神社(奈良)にある木造十三重塔は、

大化の改新の立て役者

藤原鎌足のお墓といわれます(「三代実録」天安二年「多武峰蜂起」ほか)。

おしゃか様の仏舎利でないお骨を納めた最初の塔です。

卒塔婆の意味が、「人々のお骨を納めるお墓」へと変わったのです。

しかし鎌足のお墓は、有力な阿武山古墳(大阪・茨木)があるので、

どうも後代の作り話のようです。

 

 

卒塔婆(石塔)の最古の記録は、天台宗中興の祖・良源(元三大師・985年没)の

「石の卒塔婆を埋葬地に建てよ」という遺言(国宝「遺告」)です。

またその弟子で「往生要集」を著した有名な源信(恵心僧都・1017年没)も

「卒塔婆一基を建てて一同の墓所と定める」(「二十五三昧起請」)といっています。

平安後期には、天台宗の高僧たちによって「石塔」がお墓として使われ始めました。

しかしその形を書いていないので、残念ながらわかりません。

 

 

それでは次回に続きます。

 

2osoushiki_sotoba_set

 

 

小畠宏允 日本人とお墓シリーズ「石塔ってな~に」より

 

 

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る