やまとのスタッフブログ

津軽の観音様 その3


 皆様こんにちは、
弘前店の三浦です。

 津軽三十三観音霊場のお話です。

津軽一円に広がる霊場ですが、
一番札所は弘前市内にあります
「久渡寺」くどじ・・と読みます。

 真言宗のお寺ですが、
約200段の真っすぐな石段の参道
を登らなければなりません。

 本尊は聖観音です。

 この久渡寺ですが、
一番札所としてはもちろんのこと
「おしら様」のお寺としても有名です。

 「おしら様」皆様おわかりでしょうか?
養蚕の神とも田畑の神とも、はたまた眼病の神様
とも言われているようです。

 形は、わかりやすく言いますと
てるてる坊主(神様ごめんなさい)のような
お姿です。
 
 きれいな着物をまとい
首には鈴と首飾りをつけています。

 津軽では多くの家庭にいるようですが、
年に一度久渡寺に連れてきて
「遊ばせる」のだそうです。

 そうしますと
「おしら様」の機嫌がよくなって
家族を守ってくれるのだとか。

 何ともありがたい神様なのであります。

 次回へと続きます・・・・。

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る