やまとのスタッフブログ

東洋と西洋の違い


こんにちは。
営業部の宮崎です。

皆さまもよくご存じの「地獄(じごく)」について色々と調べてみました。

現在は西洋の文化や情報などが多く取り入れられいて
「天国」や「地獄」についてもほとんどの方が混同されているのではないでしょうか?

結論から書きますと「日本地獄 ≠ 西洋地獄」です。

なぜ?と思われる方もいらしゃると思いますが
答えは「役割が違うから」です。

西洋地獄は神(キリスト)を避けたり虐げ続けた者たちが集う場所という認識に対し
日本地獄は「更生施設」です。

西洋地獄の番人である「悪魔」は人を誘惑し堕落させ自らの仲間にさせるにに対し
日本地獄の番人の「鬼(獄卒:ごくそつ)」は罪を行った者に対し罰を与え正しい道へ更生させます。
日本の仏教での地獄とは、現代で言うところの「刑務所」にあたり
鬼たちは刑務官になります。

さらに西洋では日本ほど具体的に地獄の内容を明確にしていません。
ちなみに、日本の地獄は大きく分類すると
・八熱地獄
・八寒地獄
・十地獄
の3つに分かれます。

また、八熱地獄は
・等活地獄(とうかつじごく)
・黒縄地獄(こくじょうじごく)
・衆合地獄(しゅごうじごく)
・叫喚地獄(きょうかんじごく)
・大叫喚地獄(だいきょうかんじごく)
・灼熱地獄(しゃくねつじごく)
・大焦熱地獄(だいしょうねつじごく)
・阿鼻地獄(あびじごく)
の8つに分かれており、またそれぞれ16の小地獄に分かれます。
つまり266の地獄があり、罪によって罰を受ける地獄が変わります。
※所説あります。

と、いう風に日本の文化や特色が強く反映されていると思います。
とても面白いいので、興味のある方は是非調べてみて下さい。

宮崎

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る