やまとのスタッフブログ

東京駅丸の内駅舎の覆輪目地


設計課の山本です。

先日東京へ行く機会がありまして、帰りの新幹線

の時間までの間、復元の済んだ赤レンガ駅舎を見

てきました。

この赤レンガ駅舎は建築家辰野金吾先生による傑作

建築の一つであり、周りを高層ビルに囲まれた現在

でも、その堂々とした佇まいに圧倒されます。

東京駅

建設当時の姿に復元が完了したのが2012年のこと、

その時も一度見てはいるのですが、まだ周辺は工事中

のため近くでゆっくり見ることは出来ませんでした。

今回ようやく近くで、しかも以前から見たかった覆輪

目地もようやく見ることができました。

この覆輪目地とは、目地の中央が盛り上がって断面が

かまぼこ型になっている目地です。

覆輪目地

復元するのにあたっては、この目地の技術伝承が途絶えてい

たため、鏝(こて)の制作と、職人さんの技術習得を現場

で行ったそうです。

この目地のことを知ったのはテレビ番組で取り上げられ

ていたのを見た時でした。

普段は気にせずに通り過ぎているかもしれない細かい

部分に注目して見るとまた違った楽しさがあります。

山本

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る