やまとのスタッフブログ

最高のカウンセラー!?


こんにちは西村です。
今回は先日ショールームにいらしたお客様のお話を紹介させていただきます。
80代のご夫婦なのですが、結婚したばかりの時期にお子様を亡くされました。
当時は小さい仏壇を用意され、位牌や写真を置かれていたようです。
お菓子などを供え、事あるごとに手をあわせているそうです。

yjimage
今回50年も過ぎ区切りと判断され、仏壇を新しくとお見えでした。

そのご夫婦のお話を聞きながら、ある番組を思い出しました。
何年か前のNHKの朝ドラだったのですが、
この番組では、「とと(父)」が亡くなり長女がととの
代わりをして家族を支えていくというものでした。
その中で「とと姉ちゃん」はことある毎に仏壇の中の
「とと」に報告をし、相談しています。
その姿を見ていると、「とと」は生前と同じように
家族の心の中で生き続ける存在なのだということを
つくづく感じた番組でした。
他のテレビ番組でも、同じように仏壇に手を合わせている場面を
見ることがあります。
忙しい日常の中疲れたり迷ったりした時、
ほんの一瞬でもお仏壇に向かって祈ることによって心は癒され、
一日の活力をいただくことができる。
そんな空間だからこそ家族の集う場所に置かれて
いるのではないでしょうか?
やまと石材では伝統型の仏壇はもちろん、モダンで
かわいい、仏壇も展示しております。

IMG_20160428_101053
買い替えをご計画されている方も是非ご覧いただければと
思います。
ご来店をお待ちしております。

ブログ用写真 (1)

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る