やまとのスタッフブログ

昭和大仏30周年記念大法会


 こんにちは、三浦です
今回もお付き合いくださいませ
 先日、昭和大仏で有名な青龍寺様で
「昭和大仏開眼30周年記念大法会」及び
「護摩堂・枯山水庭園(忘帰庭)落慶」の記念式典があり
参加をさせていただきました
 式典にさきだち、祝賀献奏として
白神コンサートが開催されました
 篠笛や津軽三味線をはじめ、和太鼓やギター
さらにはシンセサイザーまで使っての演奏
 お寺でシンセサイザー?
そんな声が聞こえて来そうですが
ところがどっこい、合うんですねこれが!
 厳かで荘厳な雰囲気の中での
シンセサイザーの神秘的な響き
さらには、津軽三味線の荒々しくもあり
そして、何か物悲しい音色
心にしみてくるようです
sDSCF6232.jpg
 その後は、場所を大仏様の前に移動して
大法会及び落慶法要の始まりです
 新しく建立された護摩堂
県内外から参加した多数の参列者
 そして、これまた県内はもちろんのこと
全国各地から参加した大勢の僧侶!
さらには、なんと海の向こうは台湾から!
大勢の尼僧さんが参列しての大法要となりました
 中秋のとてもさわやかな空気の中
荘厳な読経が始まりますと、周りの空気も凛として
思わず背筋が伸びます
 あのような仏教儀式に参列しますと
お経や作法の意味は分からなくても
心地良い緊張感と、なぜかとてもさっぱりとした
気持ちになるのはなぜなのでしょうか
ssDSCF6252.jpg
 不思議なものです
法要の最後には
青森県では最も忙しい一人であろう
三村知事!もごあいさつに駆けつけておりました
 今回の、護摩堂と枯山水庭園の工事に関して
やまと石材では
床の石貼り工事を担当させていただきましたが
 特に苦労したのは
庭園に向かうまでのアプローチ部分の
石貼りでした!
「乱貼り」といいますが
石を現場で割って、一つ一つ丁寧に組み合わせて貼って行くのですが
当初の予定より、だいぶ余計に時間がかかってしまいました
 とても味のある仕上がりになっていますので
ぜひご覧になっていただければと思います
 では、今回はこれにて失礼いたします
111223三浦

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る