やまとのスタッフブログ

日記


こんにちは
今回のブロガーは三浦です
毎度の事ではありますがブログのネタが・・・・
という訳で、今回も無理やりの内容になりますが
お付き合い下さいませ
 しかし、このブログというのは
(正式にはウエブ・ログと言うらしいのですが)
要は「私の日記ですが、皆さんお願いですから読んで下さい」!
という事ですよね?
 それって、どうなんでしょうか?
今日は何をしたとか、私はこう思う、などなど
(勝手にやってろ!って言われそうですが)
問いかけられてもいないのに、それを他人に読んで欲しいというのは
しかも不特定多数の人に・・・・寂しいの?
 ある特定の人に向けて自分の想いを伝えるべく手紙を書く
これならば全くもって理解できます
でもブログはなぁ・・・・?
013.jpg
必死に頭をひねっています
 ですから、当初はこのブログというものに対して
少なからず疑問を感じていた時期もありました
 少し横道にそれますが
私にとりまして昨年はチャレンジの年でした
前回も触れましたが、禁煙もその一つです
 そして、日記です
日記といっても、いわゆる「三行日記」
ほんの一言二言
この年になってから、気恥ずかしいのですが
始めた当初は
あっという間に2~3日ためてしまい
一週間も書かなかったことがあったりして
思い出して書くのが大変でした
 きっかけは、ある本でこの日記を薦めており
どんないやなことがあった日でも
最後には必ずポジティブな内容で締めくくる
すると前向きになれて良い結果につながる・・・ほんとダベナ!(失礼)
 単純な私は早速取り組んでみました
 後で読み返してみますと
内容をしっかり読むまでもなく、字を見ただけで
その時の心の在りようがわかります
 
いやなことがあった日の字のキタナイことキタナイこと・・・・
中身も最後までネガティブな内容で終わってしまいます
まだまだ修行が足りませんね!
 そんな中で一つの気づきが、何かといいますと
無意識のうちに事実や感情を多少装飾して書いているんですよ!
つまり、いつか誰かに見られることを意識しているんですよね!
 結局はブログも日記も、もちろん小説も
誰か読んでくれる人がいるから書くんじゃないでしょうか?
少なくとも、私はそうなんでしょうね!
そうですよ、人間一人では生きてゆけないんですよね!
 昨年の震災以来この言葉をよく耳にしますが
 お墓もまさにこの絆を象徴するものの一つではないでしょうか
 もうすぐ雪解けです
 皆さんお墓参りに出かけましょう!
111223三浦

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る