やまとのスタッフブログ

日本人の宗教観の変化


こんにちは。佐々木です。

みなさん、お墓参りは行かれましたでしょうか。

私の家のお墓は、青森市営の三内霊園にありますが

ここ数年の分散傾向なのか、コロナの影響なのか

あまり混んでない印象でした。

十数年くらい前は大渋滞だったのに・・・。

 

さて今回の話題は・・・

 

ご先祖様についての意識調査

 

これは、昭和28年から平成25年までの、

およそ60年にもわたる日本人の宗教観や

供養の実態についてのデータです。

(供養の情報誌「月間仏事」の2019年 2月号より抜粋)

 

設問は・・・

「あなたはどちらかと言えば、先祖を尊ぶ方ですか、

それとも尊ばない方ですか?」というものです。

その質問に対して「尊ぶ方」「普通」「尊ばない方」「その他」

から回答するものでした。

 

昭和28年には「尊ぶ方」と答えた方は全体の77%を

占めており、「普通」を含めるとなんと92%にまで及びます。

「尊ぶ方」だけに注目しますと、平成15年には

59%にまで落ち込んだ数値も平成25年には、

65%にまで増加しており、こちらも「普通」を合わせると

87%にまで占めるに至りました。

 

私たちが今あるのは、まさしくご先祖様が

いらっしゃったからこそです。

この結果が10年後、20年後にはもっと

伸びていることを望みたいと思います。

 

日頃の宗教的行事

 

次は平成24年に実施された

「日頃の宗教的行事」に関するデータです。

それによると「年に1回以上は墓参りをする」

と答えた方が67.6%もおりました。

複数回答ではありますが、本当にうれしいことです。

こうしたご供養に関する行動は、いずれも70代以上の

実施率が高いのですが、他の年代も墓参りについては

半数以上が行うと回答している結果となりました。

 

いずれにしましても、今後様々な流れの中で供養の形が変わり、

永代供養墓の増加や個人の無宗教化が進むかと思われます。

そのような中いつまでもご先祖様を思い、慕い、

これからの世の中を担っていく子孫のために、

この意識が薄れないことを願ってやみません。

 

 

やまと石材

明るく開放的な墓石展示場をもつ青森市で実績No.1のお墓の専門店です。全県同一価格、全て10年保証で青森県内すべて対応。 お墓のことなら、何でもお尋ねください。

やまと石材

関連記事を見る

他の記事を見る